自然観察は面白い

はじめに

 自然観察というと、ちょっと堅苦しいというイメージがあるようです。それはたぶん、植物の名前やキノコの名前にこだわっているのかも知れません。名前に拘っていると、やがて飽きてきます。名前に呪縛されてしまうのです、物事の本質が見えてこないんですね。
名前に拘らず、自然をただ見て楽しむ。これだけでも立派な自然観察です。
どんな風に?、なんか変・・・、超○○○!!、めちゃめちゃ綺麗・・etc、それだけでも素晴らしい観察です。
そして、さらにこんな真実があったんだ。。と驚く実態もあります。
それは自然のカラクリ。そうだったんだ!!と思える感激・感動・・自然から何かを学ぶこともできるはずです。
(ただし、名前はモノとしての指標ですから覚えたほうがイイ事に間違いはありません。)

わずか数センチのハッチョウトンボ 葉っぱが落ちた葉痕と冬を越す冬芽
アマガエルかな・・それともシュレーゲルアオガエル?
ナメコとナラタケが両方出ています 毒々しそうですがタマゴタケ、美味しいキノコですよ
これから道端の山ほど咲くタニウツギです

森林インストラクターが、自然観察会を実施します。
いろんな自然を観察して楽しみましょう!!
トップへ